1984年1月22日の第18回スーパーボウルで放映された初代Macintosh(Mac)のCM。

ジョージ・オーウェルのSF小説で全体主義社会の未来を描いた「1984年」を元に製作され、監督は映画「エイリアン」の監督をし、後に「グラディエーター」の監督を務めることとなるリドリー・スコットが務めた。テーマとなった全体主義に対する挑戦は当時コンピューターの圧倒的なシェアを誇ったIBMをアップルが打ち破るという意味を込めたものであると言われている。

映画の1シーンのようなこのCMは放送後大きな反響をよび、マッキントッシュの登場のインパクト共に共に歴史的なCMとなった。

引用:Wikipedia

 

(Visited 5 times, 1 visits today)

CM詳細情報


(Visited 5 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
シェア・フォローをお願いします。

読者登録で最新情報をお届けします。

Leave a Reply

Your email address will not be published.