Share Hapinessをコンセプトにしたコカ・コーラのプロモーションの一環で、最後のキャンペーンだったこともあり、コカ・コーラもシェアしようとのアイデア。

配られたのは、2つに分けることの出来るコカ・コーラの缶。手にした意外な缶に笑いながら、友達、親子、恋人と半分の缶をシェアしている映像に思わずこちらまで笑顔になってしまう。

(Visited 3 times, 1 visits today)

(Visited 3 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
シェア・フォローをお願いします。

読者登録で最新情報をお届けします。

Leave a Reply

Your email address will not be published.